美肌になるための正しい洗顔法とは?

美肌になるための正しい洗顔法は、適度な洗顔が何より大事です。洗顔はやり過ぎは厳禁です。脂っぽい人は、1日に何度も洗顔料を使って洗顔する人がいますが、そうすると逆効果です。美肌になるための正しい洗顔は、朝と晩の1日2回が基本になります。そしてよく泡立てた洗顔料を使って、やさしくなじませ、ぬるま湯でしっかりすすぎます。汗をかいた時や脂っぽい場合、しっかり洗顔したくなりますが、1日3回以上は洗いすぎになります。

皮膚には大事なバリア機能があり、洗顔しすぎると、肌に必要な皮脂や肌のうるおいまでも洗い流してしまいます。洗顔は、朝と晩の1日2回で十分で、朝は軽めにします。朝は洗顔料を使わない水洗顔がおすすめで、メイクをした日の夜だけ、クレンジングを使って洗顔します。洗顔する時は、洗顔料をよく泡立て、肌に指が直接触れないようにして摩擦を防ぎます。洗顔時は力を入れすぎないことが大事です。ゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、力を入れずに洗顔料の泡を指でやさしく転がすようにして洗います。そしてすすぐ時は32度くらいのぬるま湯で洗い流します。

30代美白化粧品